<?php the_title(); ?>
<?php the_title(); ?>

京都千年天文学街道

天文博士・安倍晴明と子孫らによる天文観測と現代天文学研究のつながりなどを史跡を巡りながら知る

宙ツーリズム団体会員である認定NPO法人花山星空ネットワークは、2011年から天文博士(当時の星の観測などする役人)・安倍晴明と子孫が行った天文観測の記録と現代天文学研究のつながりや江戸時代の暦作成について 史跡を巡りながら学ぶ、まちあるき観光ツアー「京都千年天文学街道」を実施しています。

小山勝二京都大名誉教授をはじめ、柴田一成京都大天文台前台長/日本天文学会前会長、作花一志京都情報大学院大学教授や京都大天文台天文普及プロジェクト室長青木成一郎博士らが天文博士役をつとめ、京都市内の天文関連観光スポットをご案内します。

例えば、コースのひとつの「明月記コース」では上京区の晴明神社が出発地点。晴明神社では、平安時代に活躍した陰陽師・安倍晴明が祀られており、藤原定家が安倍晴明の子孫にあたる陰陽師に調べさせた天変の記録が彼の日記「明月記」(日本天文遺産認定第1号)に残されています。ツアーは晴明神社を出発したのち、安倍晴明宅跡や冷泉家、京都御所などゆかりの地を、約2.3キロを3時間かけて歩きながら、その天文観測記録の重要性を 千年の時を超えた 現代天文学研究のつながりから知ることができます。

ツアーは毎回定員20名で男女問わず参加があるそう。10名以上の参加申込みがあれば、通常日程とは別にご依頼者の都合に合わせた日程で開催する、忙しい現役世代などには嬉しい貸し切りツアーも行っています。 平安時代から陰陽師が息づいた京都を巡りながら、専門家の案内のもと彼らが観測した天文現象の現代天文学とのつながりを知る、一味違った京都観光はいかがでしょうか 。

INFORMATION

京都千年天文学街道

○「明月記コース」開催日程
10月13日(日)、11月17日(日)
その他のコースについては下記サイトから
http://www.tenmon.org/?page_id=875

○定員:各コース20名
○参加費
大人2500円~3500円
小学生(要保護者同伴)1300円~2300円
※コースによって異なります。
○参加申込み方法
公式ウェブサイト http://www.tenmon.org/?page_id=16 を参照
○問い合わせ:075-823-3640  (10:00-18:00受付)
株式会社ビューティフルツアー(担当:ウルシハラ)

詳細について